社員を研修に行かせても効果が続かない二つの原因 
 
貴社では従業員について次のような問題がありませんでしょうか?
 
「社員が思うように動いてくれない」
「部下が育たず、いつも社長や管理職者などの幹部が忙しい」
「社員にやる気がなくて困っている」
 
いまの若手社員はいわゆる「ゆとり世代」で、40代以降の人とは全く違った価値観を持っています。そして、2016年の新卒からは、義務教育課程から高校時代が「ゆとり教育」だった「究極のゆとり世代」が入社してきています。
 
そこで、企業は何とか人材育成をしようとして外部研修に若手社員を行かせますが、「最初は変わった気がしたけれども、やはり変わっていないなぁ」という感想を持たれている管理職者も多いのではないでしょうか。
 
 
外部研修の効果がイマイチなのは、なぜでしょうか? 
 
研修に行かせても効果が持続しないのは、二つの原因が考えられます。
 
1.研修プログラムがそもそも合っていないかったこと
 
研修実施企業の営業マンが勧める研修プログラムに行かせたものの、その社員が課題としていた内容を含んでいなかったため、研修自体が的外れであったことです。
また、人事部門が研修を選んだ場合、現場把握がうまくできておらず、的外れなプログラムに参加させてしまったということも考えられます。
 
 
2.社内に集団の人間関係を良好に保ち、チームワークを強化、維持できるマネージャーがいないこと

プレイヤーとしては仕事ができますが、部下へのあたりが強く、部下をつぶすリーダーがいます。こうしたリーダーはたくさんいるのではないでしょうか。
やはり、会社組織の人間関係を良好に保ち、チームワークを強化できるリーダーがいなければ、いくら研修に行かせても社内でモチベーションが下がるので、結局元の木阿弥になってしまうのです。
 
現代の経営組織においては、組織全体の力を最大限に発揮させることができるマネージャーが絶対に必要です。
 
では、どうすればいいのかを、次に述べましょう。
 
    中途採用は外れも多い(笑)
  
まず1の研修プログラムについては、研修実施企業の勧める研修ではなく、貴社の社員に合った研修プログラムを選定しなければなりません。
 
そのためには、人事担当者や管理職者は社員に定期的及び随時インタビューする機会を設け、その社員の課題がどこにあるのかを把握しておく必要があります。
 
そして、次にチーム力を発揮させるマネージャーは自社で育てるか、よそから引っ張ってくるかです。このあたりはプロ野球のチームと似ていますね。
 
人を育てるのには時間がかかるので、まず中核を担う人材を引っ張ってきて、その人が実例を示しながら、社員を育てていくのが現実的な対応でしょう。
 
しかし、多くの企業で経験があると思いますが、中途採用は外れも多いです(笑)。正社員として雇用するとコストもかかりますし、外れた場合のリスクもあります。
 
そこで、私がお薦めするのが、コンサルタントのような専門家をマネージャーとして業務委託する方法です。
 
業務委託契約であれば、社会保険加入費用はかかりませんし、年次有給休暇や退職金や福利厚生費が一切かかりません。
 
また、契約期間を短く設定していたら、万が一コンサルタントが合わなかった場合に契約満了で終了できます。
 
そして、コンサルタントを毎日の出勤にしないで、週に何回かの勤務にすれば人件費相当部分もかなり安くなります。 
 
総務部長の仕事をコンサルタントに業務委託することを検討されてはいかがでしょうか。
 
 
    社外の総務部長の古賀光昭をぜひ一度使ってみてください
      
手前味噌ですが、私は、社外No.2、非常勤の社外経営企画室長、社外総務部長を生業にしています。社員ではなく、外部の人間なんですけど、社外No.2として社長の参謀となり、助言していくことを仕事にしているコンサルタントで、かつ総務部長の業務委託をやっている者です。
 
私の仕事は、貴社の総務部長の代わりを私がするというものです。
 
ただし、出勤は月に1回のパターンもありますし、週一の月4回のパターンもあります。週に数回出勤するパターンもあります。
 
フル出勤は基本ありませんので、出勤が少ない分、コストをお安くし、部長クラスを雇用するよりも、はるかに安い報酬で部長クラスの仕事を担えることになるわけです。お得ですよ(笑)。
 
ぜひ、一度総務部長として、経営企画室長として、古賀光昭を使ってみてください! 
 
何かの縁で当HPにこられたなら、どこかのページで、何かを感じられたでしょう。その場合は、問合せフォームから、ぜひご連絡ください。あなたはビジネスを一緒にやるご縁のある方だと思います。
 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!ご連絡を心よりお待ちしています!
 
   社外総務部長の申込み方法 
  
非常勤の社外総務部長のお申込みは、問合せフォームから、ご連絡ください。
 
「問い合わせフォーム」に御担当者様のお名前と貴社名、簡単な相談内容をお書きください。こちらから、貴社へ質問をお返ししますので、そのやり取りの後、訪問日時を決めたいと思います。
 
メールに関しては、できるだけ24時間以内に回答をいたしますが、遅れることもございます。必ず回答をいたしますので、お待ちいただけますようお願い申しあげます。
(※48時間以内に回答がない場合は、こちらから返信する「お客様のメールアドレス」に間違いがあった可能性があります。恐れ入りますが、もう一度、御担当者様のアドレスをご確認の上、再送信していただけますと幸いです。)
 
    
      
  
           古賀光昭です
 
千葉県柏市在住、経営思想家であり、社長のビジョン実現化の支援をする社外No.2型の経営コンサルタント。経営計画書の策定や夫婦経営のアドバイスも得意としている。
 
「仏教思想」とドラッカー経営理論を融合させて体系化した「仏教的トップマネジメント」を編み出した。また、経営成功法としての体系化した「仏教的経営成功法」を考案している。

仏教的シリーズを作成しているが、本人は僧侶ではなく、特定の宗派を代表しているのでもなく、ごく普通の民間人(笑)。
 
昭和37年福岡県大牟田市生まれの55歳、妻と1男1女で千葉県柏市に住む。でも兵庫県明石市や大阪府豊中市で育ったので、熱くてオモロイ阪神タイガースファンの関西人(笑)。
 
上智大学 大学院 博士前期課程 英米文学専攻修了  文学修士(Master of Letters   専門は英語学。指導教授は、渡部昇一先生)

大手航空写真測量会社、上場硝子メーカー、上場IT企業等の総務人事・経営企画等のマネジメント職を経て、2009年6月に独立。
 
  会社情報
 
【経営コンサルタント古賀光昭】
 
℡ 090-6110-7779
〒277-0827
 千葉県柏市松葉町4-1-5-406
営業時間 10:00~17:00
  土曜・日曜・祝日休
 
  お問い合わせ
 
コンサルティングについてのご質問やご依頼を受け付けております。

以下よりお気軽にお問い合わせください。
 
お問い合わせ 

追ってこちらからメールにてご連絡差し上げます。

 
あるいは、電話でのご連絡もお受けしております。
 
携帯電話090-6110-7779(au 留守電機能なし)までお電話ください。
受付時間 平日11:00~16:00
 
あまり考えこまず、お気軽にお電話ください!(^^) 
 
  ブ ロ グ

ヤフー・トピックスに半年間で4回もリンクされた実績を持つ驚きのブログは下記をクリック!

古賀光昭のビジネス教室

            by  FC2 

※ 現在も更新中!
過去の記事で1,850回分があります。読みごたえは十分です(笑)
 
経営の問題解決や、夫婦経営のコツ、そして阪神タイガースのおもろい話題(笑)まで、幅広いテーマで書き続けております。
(こちらのブログは以前はペンネーム、古賀光明や孔明を使用していました)